ビジネスミーティング
ビジネスミーティング

面接での入室、ノックは何回? 入室時のノックの回数や入室、着席までのマナーを解説

面接で入室する時、必ずするのがノック。2回? 3回? ノックの正しい回数や強弱などノックのマナーの心得は大丈夫でしょうか。面接時の入室は非常に緊張するものです。本番で慌てないようにしっかりマナーを身につけましょう。ここでは、ノックのマナー、そして入室してから着席するまでの流れをおさえ、気をつけたいポイントを解説します

・2回 トイレでの確認。
・3回 家族、友人、恋人などの親しい相手。
・4回以上 初めて訪れた場所や礼儀が必要な相手。

上記の国際儀礼によれば、面接時の入室の場合は、4回ということになります。実際、欧米の外資系企業では、4回が主流となっているようです。

日本では3回が一般的。2回はアウト

ノックの回数3回は、先述の国際儀礼では、家族、友人、恋人などの親しい人への入室確認でのマナーとされていますが、日本(企業)では、ビジネスや面接の場面においても3回が正しいマナーとして浸透しています。

実際に、3回ノックをしたことを直接人事担当者から褒められたという事例もあるので、面接官は3回を判断基準にしていることが多いようです。

面接での入室時のノックで、2回はお勧めできません。2回のノックは減点対象にしている面接官も少なくないからです。入室前のノックだけでマイナスになってしまうのはあまりにももったいないことです。

尊敬語への言い換え例

敬意の度合いは、上の表の①→③の順で高くなっていきます。
例えば「見る」のように「見られる、ご覧になる」など複数の尊敬語表現がある言葉は、先輩社員には①社長(会社役員)には②お客様には③と使い分けるといいでしょう。

尊敬語への言い換え例

  • ①する→②される、③なさる

  • ①読む→②読まれる、③お読みになる

  • ①いる→②③いらっしゃる

  • ①行く→②行かれる、③いらっしゃる

  • ①言う→②言われる、③おっしゃる

  • ①来る→②来られる、③お見えになる

  • ①聞く→②聞かれる、③お聞きになる

  • ①会う→②会われる、③お会いになる

  • ①見る→②見られる、③ご覧になる

春の桜と富士山